稲垣 和也

研究内容

  • オーストロネシア系言語およびパプア系言語の記述言語学的研究

関心領域

  • 記述言語学, 言語類型論, 危機言語, 記録言語学, 生物文化多様性

調査地域

  • カリマンタン(インドネシア)、ブーゲンヴィル(パプアニューギニア)

研究業績

編著書

  • 稲垣和也(編)(2012)『地球研言語記述論集:大西正幸博士還暦記念号』総合地球環境学研究所、第4号、184pp.
  • 大西正幸・稲垣和也(編)(2011)『地球研言語記述論集』総合地球環境学研究所、第3号、243pp.
  • 大西正幸・稲垣和也(編)(2010)『地球研言語記述論集』総合地球環境学研究所、第2号、196pp.
  • 大西正幸・稲垣和也(編)(2009)『地球研言語記述論集』総合地球環境学研究所、第1号、200pp.

査読付き論文

  • INAGAKI, Kazuya (2013) “Argument encoding and voice in Kadorih of Central Kalimantan”, NUSA: Linguistic studies of languages in and around Indonesia, Vol. 54, pp. 47–65 (Voice variation in Austronesian languages of Indonesia, ed. by Alexander Adelaar), Universitas Katolik Indonesia Atma Jaya.
  • INAGAKI, Kazuya (2011) “Word duplication in Kadorih”, Asian and African Languages and Linguistics: Reduplication in and around Indonesia, Vol. 6, pp. 27–44, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign S
  • 稲垣和也 (2007) 「カドリ語における語中の閉鎖音と破擦音」『言語研究』日本言語学会、第132 号、pp. 111–121.
  • INAGAKI, Kazuya (2006) “A sketch on the morphosyntax of Kadorih (Dohoi: Austronesian)”, Kyoto University Linguistic Research, Vol. 25, pp. 41{65, Department of Linguistics, Graduate School of Letters, Kyoto University.
  • INAGAKI, Kazuya (2005) “Phonemic sketch of Dohoi/Kadorih (Austronesian: Upper reaches of Kahayan River in Kalimantan, Indonesia” Kyoto University Linguistic Research, Vol. 24, pp. 15–43, Department of Linguistics, Graduate School of Letters, Kyoto Univ

雑誌の一部

  • INAGAKI, Kazuya (2012) “On language codes”,Osada, Toshiki. & Masayuki Onishi (eds.) Language Atlas of South Asia,Department of South Asian Studies, Harvard University, pp. 7–9.

査読なし論文

  • INAGAKI, Kazuya (2011) “Non-morphological devices for expressing TAM in Kadorih”, Proceedings of the International Workshop on TAM and Evidentiality in Indonesian Languages, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, pp. 93–120.
  • 寺村裕史・稲垣和也 (2011)「GIS を用いた方言分布の地理的分析:南ブーゲンヴィルのシベ(ナゴヴィシ) 語の方言地図」、大西正幸・稲垣和也(編)『地球研言語記述論集』、総合地球環境学研究所、第3 号、pp. 183–208.
  • 稲垣和也 (2010)「ナゴヴィシ・シベ語の類別詞」、大西正幸・稲垣和也(編)『地球研言語記述論集』、総合地球環境学研究所、第2 号、pp. 135–163.
  • ニコラス・エヴァンズ (稲垣和也翻訳) (2009)「記述されていない言語の文法を書くには」(翻訳論文)、大西正幸・稲垣和也(編)『地球研言語記述論集』、総合地球環境学研究所、第1 号、pp. 1–34.
  • 稲垣和也 (2007)「カドリ語」中山俊秀・山越康裕(編)『文法を描く:フィールドワークに基づく諸言語の文法スケッチ』、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、第2号、pp. 31–61.