1. ホーム
  2. 教員紹介:重田 眞義
重田 眞義 SHIGETA Masayoshi
教授
専門分野:人類学
キーワード:アフリカ在来農業におけるヒトー植物関係論、開発と教育、睡眠文化に関する研究
プロフィール・業績:アフリカ地域研究資料センター 個人HP
【研究関心】

アフリカ農業における諸問題をヒト−植物関係論 [農業科学、人類学、生態学、栽培植物起源学、民族植物学(エスノボタニー)、ドメスティケーション論 など] の立場から考察してきた。 アフリカの人々によって培われてきた文化的資源としての有用植物とそれに関する民俗知識の分析を通じて地域社会における発展の問題に取り組んでいる。

 

〔在来知と内発的発展、アジア・アフリカ地域研究演習、アフリカ地域研究演習Ⅰ~Ⅳ、アフリカ論課題研究Ⅰ~Ⅲ、アフリカ地域研究公開演習、アフリカ臨地演習Ⅰ~Ⅲ〕

【現在取り組んでいる研究課題】
  • 科研費 学術変革領域(A)「生涯学の創出:超高齢社会における発達・加齢観の刷新」(領域代表者:月浦崇)計画研究班C01「技能・熟練・暗黙知の習得・発達過程に関する人類学的研究」(研究代表者:金子守恵)(2020-2024AY)
  • JST/JICA 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)防災「特殊土地盤上道路災害低減に向けた植物由来の土質改良材の開発と運用モデル」(研究代表者:木村亮)(2019-2023AY)
  • 科研費 基盤研究(B)「現代アフリカにおけるゴミ概念の創出と用不用をめぐるマテリアリティの変成」(研究代表者:金子守恵)(2018-2022AY)
  • 科研費 基盤研究(C)「眠りの進化論:霊長類における睡眠文化行動の比較研究」(研究代表者:重田眞義)(2016-2020AY)
  • 科研費 基盤研究(S)「『アフリカ潜在力』と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」(研究代表者:松田素二)(2016-2020AY)
【主な業績】
  • Shigeta M & Kaneko M (2017) ZAIRAICHI (local knowledge) as the manners of co-existence: Encounters between the Aari farmers in southwestern Ethiopia and the “other.” In Gebre Y, Ohta I & Matsuda M (eds.) African virtues in the pursuit of conviviality: Exploring local solutions in light of global prescriptions. Langaa RPCIG. pp. 311-338.
  • 重田眞義・伊谷樹一 (編) (2016)『争わないための生業実践:生態資源と人びとの関わり』(アフリカ潜在力シリーズ 太田至総編集 第4巻)京都大学学術出版会. 360p.
  • Shigeta M & Bekele E (2011) Phylogenetic relationships between Ensete and Musa species as revealed by the trnT trnF region of cpDNA, Genetic Resources and Crop Evolution 58, pp. 259-269.
  • 高田公理・堀忠夫・重田眞義(編)(2008)『睡眠文化を学ぶ人のために』世界思想社. 267p.
  • 高村泰樹・重田眞義(編)(1998)『アフリカ農業の諸問題』京都大学学術出版会. 364p.
【これまで指導した博士論文・博士予備論文テーマ(一部)】
  • 「エチオピア・アムハラ州における食生活:食と健やかさの民族誌」
  • 「外来の技術はどのように受容されるのか:ザンビア北部州における小規模灌漑技術プロジェクトを事例に」
  • 「エチオピアにおける伝統的ダンスの継承と新たな表現の創造」
  • 「Cultural tourism as creating opportunities for livelihood diversification in Ethiopia」
  • 「アフリカ農村社会における高齢者の生活実践と社会関係:エチオピア南西部アリの事例」
  • 「エチオピア農村に生きる女性のライフストーリー:近代学校教育の受容と解釈」
  • 「Re-harmonizing the changes in livestock mobility, land use and sedentarization in Hamer, southwestern Ethiopia」
  • 「アフリカ在来犂農耕の地域研究:エチオピア中央高原に暮らすオモロの人びとによる牛耕の潜在力」
  • 「エチオピア南西部高地における森林利用と植生の変遷:コーヒーの森の社会生態誌」
  • 「エチオピア農村におけるP3DM(参加型立体地形モデル手法)による実践的地域研究」
  • 「Projecting continuity, embracing diversity: The experience of religious change by Sidama people of Ethiopia」
  • 「アフリカにおける創発的な映像表象の地域研究」
  • 「アフリカ農耕民の生活世界の編成に関する研究:ウガンダ中央部ガンダにおけるバナナのエスノサイエンス」
  • 「Community engagement in cultural heritage management: Case studies of museums in Harar and Addis Ababa, Ethiopia」
  • 「対抗的な公共性を創出する住民組織の活動:エチオピアのグラゲ道路建設協会と葬儀講の事例から」
  • 「文脈化される土器づくりの過程:エチオピア西南部オモ系農耕民アリの女性職人による地縁技術の習得・実践・創造」
  • 「The dynamics of formal education during wartime and its impact on the rural people of Eritrea」
  • 「エチオピアの野生動物保護におけるコミュニティ・コンサベーションの形成」
  • 「Land, local custom and state ‘laws’: A study of land tenure systems and land disputes settlements among Arsii Oromo, southern Ethiopia」
院生インタビュー:重田 眞義 先生へのインタビュー(2015年)
京都大学教育研究活動データベース
科研費データーベース
メールアドレス:shigeta@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]